【LAST】決戦!!登竜門11th!!【4】

Rose'n'Ciel

どうも、ストーリーテラーのしゃあです。(笑)

 

全部で4回に分けて書いてきましたこの【決戦!!登竜門11th!!】もいよいよ最終回です。10月の二次審査から含めると全8回。

 

あの時何があったのか。

 

どんな状況だったのか。

 

今回も余すことなく書きたいと思います。

 

ちなみに前回までのブログはこちらから↓↓↓

決戦!!登竜門11th!!【1】

『決戦!!登竜門11th!!【1】』
はい!!しゃあですよ!! 2016.11.6(sun)ついにこの日が来ました!!タケカワユキヒデさんプロデュース!【さいたま夢KANA音楽祭2016】 その中…

 

決戦!!登竜門11th!!【2】

『決戦!!登竜門11th!!【2】』
なんか最近ブログ書くの楽しくなってきたしゃあです!!(゚▽^*)☆ 前回はコンテスト前日のリハの様子…

 

決戦!!登竜門11th!!【3】

『決戦!!登竜門11th!!【3】』
さ~て!今回のRose'n'Cielは~!? というか前のブログ読んでないよ~という方はお暇な時に下記からどうぞ! 決戦!!登竜門11th!!【1】http:…

 

 

 

 

 

【SCENE5.それぞれの想い】

 

 

 

 

11月6日 AM12:30

 

 

伯父の家を出発してから1時間弱。

 

ちょっと小腹も空いてきたので柏市内の7の付くコンビニへ寄る事にしました。

 

 

 

この日は本当に気持ちのいい秋晴れで空が高い高い。

 

絶好のLIVE日和です。(?)

 

 

 

そんな秋晴れの写真をパシャリ。

あれ?逆光だな?

 

 

 

どれどれ、もう一枚・・・

 

 

 

 

 

!写真撮ってる事にきづいたメンバー達(効果音はMGSのあの音です)

 

 

 

 

わらわらわらわら・・・(無言で集まる)

 

 

 

 

 

パシャリ。

よし!

 

 

 

 

お気づきの方いるかもしれませんが、我々全員

 

 

【カメラ】が大好物です。(笑)

 

 

 

写真撮るカメラでもビデオカメラでも、とにかくカメラ好きです。

 

 

 

写りたくて仕方ないのです。

 

 

 

 

毎回まるで小学生のようにはしゃぎますが、これって結構重要な事だと思っています。

 

 

写真やビデオが好きってことはそれだけ自分が撮られても苦じゃないって事ですし、それはつまりカメラが回ればアーティストスイッチが入るという事で、エンターテイナーとしてステージに立つ者がこの特性を持っている事は常にリラックスした状態でベストなパフォーマンスをプロバイドするという事で・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんかルー大柴みたいになった。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

なんとなくご理解頂けましたか?w

 

 

 

とにかくそんな訳でライブでチェキ撮るのも毎回楽しくやってますので、

そんな楽しげなメンバーの表情、是非お買い求め下さいませ。(突然の宣伝)

 

 

 

 

 

 

話戻しますね。

 

 

 

 

 

 

 

小腹を満たす為のものを買い込んだ我々はいざ!決戦の地へ改めて出発!!

 

 

 

 

いざ行かん!さいたま市民会館おおみや!!

 

 

 

 

 

現在PM1:00

 

 

この日のイベントはPM1:00からスタートしているので、ちょうど始まった頃です。

 

前日のリハで最終調整をした我々の当日スケジュールはPM4:30頃に行われる本番一発勝負のみ!

 

 

なので声出しをする場所も時間も確保していなかったのでどうしようかなぁと漠然と考えていたところ、助手席のSADiYがおもむろに、自分のあいほんを起動。

 

 

流れ始めたのは・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

「B’z The Best “ULTRA Pleasure”」

 

 

 

 

 

 

 

はいきたよーーーーー!!

 

 

B’zきたよーーーーーーーーー!!!!!

 

 

なんて素敵な選曲だよーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

さすがはSADiY我らがリーダー!

 

 

 

なんて素敵チョイスしやがるんでしょう。

 

 

 

 

そんな訳で声出しには持って来いな曲が次から次へと流れてきたわけです。

 

 

 

 

 

 

 

BAD COMMUNICATION -ULTRA Pleasure Style-

BE THERE

Easy Come, Easy Go!

LADY NAVIGATION

 

etc・・・

 

・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

車内は盛り上がってましたね~(一部)

 

 

 

 

ずっと歌ってましたね(一部)

 

 

 

 

最高にテンション上がってましたね(一部)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すいません。

 

多分オレとSADiYが一番盛り上がってました。

 

なにせドンピシャ世代の曲が流れていたものでつい・・・・

 

 

 

 

でもこの時に

 

「あ~この曲○○の主題歌だったよね~」

 

とか

 

「これ昔コピーしたなぁ」

 

とか

 

「この曲流行った頃って××とかも流行ったよね!」

「懐かしい~!!」

 

 

 

みたいな会話がたくさん出来てとても楽しかったです。

 

 

 

 

 

S「こうやって何年経ってもその頃の思い出を思いだせるとかって、音楽って凄いな!オレもそういう曲を作りたい!!」

 

 

 

 

 

 

 

SADiYのこの一言は破壊力ありましたね。

 

 

オレの心が震えましたよ。いや、ほんとに。

 

こいつならそれを作れるだろうし、その作ったものを更に高みに磨き上げる為にオレは、オレ達はいるんだと、なんか自然にそう思えました。

 

 

 

やっちゃいますよ、Rose’n’Ciel。

 

 

 

 

 

そんな楽しいひと時もついに終わりを迎える時がきてしまいました。

 

 

 

 

 

そう!ついに到着したのです!

 

 

 

ドドーン!!(昨日に引き続き2回目)

 

 

 

 

 

ここまでくればもう後はやるだけです!

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは会場内にある控室に移動。

 

 

 

 

荷物を置いてから会場内の偵察へ。(コソコソ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

改めて客席側からステージを見る。

 

 

・・・・・やっぱデカイ。

 

 

 

 

 

 

 

こんなデカイところでやるなんて。

 

 

たとえコンテストで1曲しか出来なくても、

 

オレ達は全力で楽しもう。

 

そして楽しんでもらおう!

 

と改めて決意が固まりました。

 

 

 

 

控室に戻り準備開始。

 

 

 

 

 

 

出場者は全部で5組

 

Rose’n’Ciel

Cony-Leon the Dramatic

COZMIC SPOON

スマッシュドライヴ

アルデヒト

(出演順)

 

 

 

我々はトッパーです。

 

 

 

 

10月終わり頃にこのタイムスケジュールが主催者側から送られてきた時は、

 

 

えっ!?トッパー!?!?マジかぁ・・・

 

 

と正直思いました。

 

 

 

 

というのも何かを競う際、最初に出てくる人はその後に出てくる人達の「基準」になる為、

よほどの事がない限り、トッパーでグランプリは難しいというのがあるからです。

 

 

 

しかしその考えは一瞬で無くなりました。

 

 

 

 

 

なぜなら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オレ達はRose’n’Cielだから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言ってる意味が分からないかもしれませんが、そういう事なんです。

 

 

 

 

このバンドに誇りがあるから。

 

 

このバンドの可能性を信じているから。

 

 

そしてなにより、

 

 

 

 

 

 

 

このメンバーが好きだから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろんグランプリは獲りたいです。

 

 

 

道中の車内でも

 

 

「優勝でしょ?」

 

「優勝に決まってるだろ!?」

 

「その為にさいたまに来たんだよ!!」

 

とかなり気合が入ってましたから。(笑)

 

 

 

 

 

でもそれ以上に

 

 

 

オレ達にしか見えない景色を共に楽しみたい。

 

 

お互いに共有するこのキラキラした瞬間を大切にしたい。

 

 

お客さんも審査員もみんな巻き込んで最高の想い出をつくりたい。

 

 

 

 

そんな思いが何よりも強いから順番なんてどうでもよくなっちゃったんです。(笑)

 

 

 

 

 

 

そんな事を考えながら準備を進めているうちに

keiとDanのタバコ吸う組が早々に準備を終えて一服しに行こうという話に。

 

 

 

 

k「下のフロアに喫煙所あったから行きましょう」

 

 

D「よしいこう」

 

 

 

 

なんの変哲もない日常にありがちな会話。

 

 

普段なら「いってらっしゃい」と送りだすだけですが、そのカッコがまずかった。

 

 

 

 

 

!?!?!?!?やばすぎる

 

 

 

 

 

 

 

いやいやいやいや!

 

 

 

 

 

 

え?そのカッコで行くの?

 

マジで?

 

大丈夫??

 

 

 

 

このイベントはチャリティーコンサートです。

 

 

入場チケット代の半分は慈善団体に寄付されます。

 

 

小さなお子さんもたくさん居ましたし、ご年配の方もいらっしゃいました。

 

 

その中にこの状態のDanを送り込んではたしていいのだろうか?

 

子供にギャン泣きされてお母さんに助けを求めにいったらどうしようか?

 

 

とオレの心配をよそに当のDanは

 

 

 

 

 

それはそれでおいしい(ニヤリ)

 

 

 

 

 

という顔をして控室を出て行ってしまいました。

 

 

 

 

おぅ・・・なんてこったい・・・・

 

 

 

 

・・・・・

 

 

 

 

程なくして帰ってきた二人。

 

おや?至って普通な様子?

 

 

聞いてみれば思ったより反応が薄かったようで

ちょっとがっかりしたとの事。

 

 

いやいや、そんなとこで目立たなくていいから(笑)

 

 

 

 

 

 

その時はすぐに、本当にすぐに訪れました。

 

 

 

 

 

 

市民会館舞台袖。

 

一番手の我々はその上手の舞台袖にいました。

 

 

その目の前には審査員の方々が最終の段取りの打ち合わせをしています。

 

 

そしてその中には主催のタケカワユキヒデさん。

 

さらに、

 

 

 

 

ダイヤモンド☆ユカイさん!!

 

きました!!!!

 

 

 

ついにお目にかかれました、生ユカイさん!!(笑)

 

 

 

 

 

 

 

ここまで来て本当の事を書きます。

 

 

 

 

 

 

 

最初からこのブログを読んで下さってる方はある疑問を

持っていらしたのではないでしょうか?

 

 

それは、

 

 

 

 

なぜ仙台バンドが埼玉のコンテストに出場したのか?

 

 

実はこれについては至極単純な理由があったんです。

 

 

 

次の写真をご覧下さい。

 

 

左:ユカイさん            右:しゃあ

 

 

 

 

 

 

 

 

似てないですか?(笑)

 

 

 

 

 

 

以前から似ている芸能人は誰かみたいな話になると必ず言われるのが

【ダイヤモンド☆ユカイ】さん。

 

 

 

いつか会ってみたいなぁ・・・一緒に写真撮れたらなぁ・・・

などと漠然と考えていたら、なんと!!

 

 

今回のチャリティーイベントを発見!

審査員スペシャルゲストに【ダイヤモンド☆ユカイ】さんの名前が!!

 

 

これは・・・・

 

 

 

 

 

一緒に写真を撮るチャンスだ!!!

 

 

 

 

 

という、とんでもなく私情を挟みまくったのが理由だったりします!(笑)

 

 

 

 

 

 

とまぁそんな理由があるので、隙あらば写真を・・・

などと狙っていたりします。ww

 

 

 

とはいえ今は自分のステージに集中。

 

本番直前!円陣的なやーつを組むRose’n’Ciel

 

 

 

暗転する舞台。

 

 

 

司会の方が我々の紹介文を読み上げる。

※以下紹介文

 

 

 

ギター兼リーダーのSady主催のサブカル系ライブイベント「ヲタソン!!」より派生した音楽集団。2014年4月結成。地元仙台でコンスタントにLive活動を展開中です。2016.10.15にはファーストアルバム【回顧録-riincarnation-】をリリース。魅惑の混声ツインボーカル、ストーリー性のあるプログレッシブサウンド、そして聞き手の想像力をかきたてる歌詞。多くの人に我々の音楽を見て、聴いて、感じてほしいとの思いからこの登竜門にエントリーしました。

今回演奏する「ANNIE」(4分30秒)はノリのいいアップチューンなナンバー。思わず体を動かしたくなったら遠慮せずにガンガン動いて楽しんで下さい。みなさんの4分30秒、今日初めて共有する4分30秒、そこにドラマを生み出します。

東北の地にも素晴らしい音楽はたくさんある。その東北の力の一端をここに見せたいと思います。宜しくお願いします!!

 

 

司会「それでは準備はよろしいでしょうか?Rose’n’Cielで曲は【ANNIE】」

 

 

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

※主催者側の許可は頂いています。

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・

 

 

 

 

・・・・

 

 

 

 

やった・・・

 

 

 

 

 

やってやった!!

 

 

 

 

 

普段どおり、いやそれ以上にやってやりましたよ。

 

 

 

 

ステージが広い分凄くのびのびと出来たし、本当に気持ちよかった。

 

なによりもお客さんが手叩いてくれたりノッてくれた事が本当に嬉しかった。

 

 

最高。

 

 

 

しかし!

 

 

 

ここで余韻に浸っている場合ではありません。

 

我々にはもうひとつやらなければいけない事があったのです。

 

 

それは、演奏終了後の質疑応答&審査員の感想の時間です。

 

楽器隊のメンツは自分の片付けがあるので、一足先にしゃあ&RUZEの

ボーカル二人が質疑応答にいき、司会者の方と対話。

 

その後、楽器隊も合流して5人で話をしていた時、

 

ここでも事件発生です。

 

 

 

さすがすぎるぜRose’n’Ciel。絶対タダでは終わらない(笑)

 

 

 

色々な感想や質問のやり取りをしている中で、いつしか話がDanのメイクの話に。

 

そりゃそうでしょう。この顔ですから。ww

やばすぎる(2回目)www

 

 

審査員「今回凄いメイクですね~それはなんでそんな感じに?」

 

 

 

その後です。

 

 

 

Danが言った一言にオレは一瞬凍りつきました。

 

 

 

それは・・・・

 

 

 

 

 

D「え?いや~これはこの雰囲気を・・・・

 

 

 

ぶっ壊しにきました。

 

 

 

 

 

 

( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚おわぁあああ!!!!

 

 

 

 

 

なんだと~!!!

 

 

 

よりにもよって、チャリティーコンサートの、子供もご年配の方もたくさんいる

この会場で、ぶっ壊しにきた~ぁぁああ!?

 

 

 

マズイ・・・さすがにマズイぞDanよ。

ここの入場料の半額は慈善団体に寄付され、発展途上国の学校設立の資金などに

使われているというのにぶっ壊すのワードはマズイだろ(笑)

 

 

いや~正直一瞬変な汗がでましたが、会場には笑いが起きていたのでまぁ結果オーライ!

 

 

だと思います・・・

 

 

 

 

審査員の方には大変ご好評を頂き、それも本当に嬉しかったです。

 

 

 

こうして我々の出番はちいさなハプニング(?)はありましたが、無事に終了しました。

いやはやほんとあっという間でした。

 

 

 

 

グランプリの発表はPM7:30頃なので

ここからはメンバーそれぞれ自由行動。

 

 

 

 

ワタクシしゃあはとある人物に会う為にロビーに急行。

 

 

その人物とは・・・・

 

 

 

 

ババーン!

 

 

 

 

はい!アニキでございます!

 

 

 

 

リアルガチの我がアニキです!!

一応一般人なので顔隠しますね。w

 

 

 

 

 

実はうちのアニキは埼玉県民なのです。

数年に一回くらいしか会わないので、せっかくの機会だから観にきてよ~

と誘ったところOK!!という事できてもらいました。

 

 

 

 

そしてもう一人。

 

 

 

 

 

 

 

ドドーン!!

 

 

 

 

 

 

 

 

よいしょー!母でございます。

 

 

 

 

 

 

これまた埼玉在住の母親。

こちらも正真正銘ホンモノの母です。(笑)

 

 

 

 

 

 

そんな訳で久々の再開を果たし時間もあったので近くの喫茶店に移動することに。

 

 

クリーミーカフェオレでホッと一息

 

 

やっと落ち着いた

 

 

 

親族に見られるステージはなかなかにハードルが高く、

しかも今回初めて見せたので(音楽のジャンルすら伝えていない)、

 

どんなリアクションするかなぁなんて思ってましたが、

 

 

 

 

 

 

かなりの好感触でした。

 

 

 

 

 

 

母にいたっては手挙げて、手叩いて、ノリノリだったそうです。(笑)(兄談)

 

 

 

 

 

いやはや、母の愛は偉大ですねwww

 

 

 

 

それからは音楽の事、普段の生活の事、将来の事、などなど

普通の家族の普通の報告会。

 

 

 

完全に盆暮れ正月の帰省したやーつでした。

 

 

 

 

一応ちゃんと一般常識あるんですよコレでも。(*´ェ`*)

 

 

 

 

 

 

 

閑話休題

 

 

 

 

 

 

 

2016.11.6 PM7:32

 

我々は再びスポットライトの当たるステージの上にいます。

 

 

その脇には今日の出場者が全員登壇しています。

 

 

 

目の前では審査委員長のタケカワユキヒデさんが総評をお話になってます。

 

 

 

いよいよ・・・

 

 

 

 

いよいよグランプリの発表です。

 

 

 

 

 

 

タケカワさん「それでは発表します。登竜門11th グランプリは・・・・・・・」

 

 

 

 

 

 

 

ダラララララララララララ・・・・・・・・(ドラムロール)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダン!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タケカワさん「エントリーナンバー・・・5番!【アルデヒト】のみなさんです!」

 

 

 

 

 

 

 

ん~・・・・そっかぁ・・・

 

 

 

 

やっぱダメだったかぁ。

 

 

 

 

その時はそんな風に思っていました。

 

 

 

 

 

これがコンテスト、勝者は1組。

 

 

我々は選ばれなかった。

 

 

総得票数で1番になれなかった。

 

 

仕方がない。

 

 

 

 

けど、

 

 

 

 

 

やっぱ悔しいですね。

 

 

 

 

 

グランプリを獲ったのは地元の高校生バンド【アルデヒト】でした。

 

青春Rock!って感じの実に爽やかな子達です。

 

高校生とは思えないクオリティを見せてくれた彼らの今後に期待です。

 

 

 

 

 

 

 

 

終演後、控室に戻り帰り仕度をしている際、我々は普段通り会話をしていましたが、

どこか少し上の空。

やっぱりどこかひっかかるものがそれぞれの胸中にあったのだと思います。

 

 

 

そこに、

 

 

 

 

 

コンコン(ドアをノックする音)

 

 

 

 

 

 

 

??「あーよかった。まだいた!」

 

 

 

 

 

 

 

 

そこにいらしたのはこのチャリティーコンサートのとある音楽関係者の方々でした。

 

 

 

 

 

詳しい内容は差し控えますが、色々な事をお話しました。

 

 

 

 

仙台から、というか東北からの参加者が初であった事。

 

 

楽曲やパフォーマンスが素晴らしかった事。

 

 

開場のお客さんが非常に楽しんでいた事。

 

 

実は東北の音楽関係者に我々と共通の知人がいる事。(業界って狭いですねぇ)

 

 

etc・・・

 

 

 

 

短い時間でしたが色々とお話させて頂きました。

 

 

 

 

最後に

 

 

 

???「これからも頑張って!Rose’n’Ciel応援してるよ!!」

 

 

 

 

そう言って頂いた事。

 

 

 

 

 

嬉しかったです。

 

 

 

 

 

ただ純粋に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嬉しかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さぁ!帰ろう!!

 

オレ達の住む場所へ。

 

東北の地へ。

 

 

やる事は全部やりきった。

 

 

今あるのは、ただただ、【楽しかった】というプラスの感情のみ。

 

 

また来るよ、埼玉。

 

 

 

 

今日の事は忘れない。

 

 

 

 

ありがとう、おおみや。

 

 

 

 

暖かい心をありがとう。

 

 

 

メンバーに、親族に、そして遠く仙台から駆けつけてくれたあなたに。

 

 

 

心からありがとう。

 

 

 

 

 

オレ達はまだまだ進化し続けます。

 

最後は笑って!はい!ローゼン!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今後のRose’n’Cielからも目が離せませんよ!!??

 

 

 

 

 

 

やるぜ!ローゼン!!

 

 

 

 

 

 

 

We are Rose’n’Ciel!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~fin~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回予告!!

 

 

Rose’n’Cielの初コンテストは終了しました。

 

 

しかし!!!

 

 

我々の真骨頂は帰りの車内で発揮されるのです!!

 

 

 

 

 

次回!

 

 

決戦!!登竜門11th!!【EXTRA】

 

 

 

【SCENE6.即興と語彙力とミスター○ーナツ】

 

 

お楽しみに!!

 

 

※書くかどうかわかりません(笑)

 

(2016.11.22元のブログより転載)

プロフィール
このブログの管理人
char3

杜の都仙台を中心に活動中のボーカリスト
【Rose'n'Ciel】のボーカル。
ボーカルスクール【Char's Vocal Lesson】代表。
独自の観点で世の中の面白いものを紹介。
通称:しゃあさん

Rose'n'Ciel
スポンサーリンク
しゃあの日常【勝利の栄光を君に】

コメント

タイトルとURLをコピーしました