Mailbox does not open!エマージェンザジャパン予選!

Rose'n'Ciel

エマージェンザ―!!!!???

 

よーすけー!!!!

 

 

 

はいどうもしゃあです!

 

今回は前回の続きエマージェンザJAPAN東京予選本編について書いていくよー!

 

前回読んでないよって方はこちら↓↓↓

 

希望を胸に!いざ行かん!エマージェンザジャパン予選!

『希望を胸に!いざ行かん!エマージェンザジャパン予選!』
どうもしゃあです! 知ってる人もいるかと思いますがワタクシ先日東京に行ってておりまして。 目的はエマージェンザジャパンというバンドコンテストに出場するため。 …

 

 

 

 

 

 

ん?

 

最初のやつは何かって?

 

まぁ気にしない気にしない!(雑)

 

 

■予想だにしない出来事

 

前回ブログで花園神社にお参りするところまで書いたので今回はその続き。

 

そういえば書き忘れたけど神社と会場って滅茶苦茶近くて徒歩3分くらいかな?って距離だったんだよね。

 

なのでみんな徒歩で会場まで移動。

 

途中歩道の端の方に何かを発見したオレ。

 

近づいていくと・・・

 

 

犬の置物のようだ。

 

 

チワワの置物がちょこんと座っている。

 

なんでこんな歩道にチワワ???

 

と思いながらさらに近づいていく。

 

50m・・・

 

30m・・

 

10m

 

 

ここまで来て気づく。

 

 

 

ちょっと動いてる!!

 

本物のワンちゃんだ!!!

 

 

いや結構動かなかったんだよマジで!

 

人もめちゃめちゃ歩いてるのに文字通り微動だにせず真っすぐ目の前のビルを見つめている。

 

 

その目線が気になったので追ってみると・・・

 

↑えっ?

 

 

馬刺し?

 

えっ?手羽先???

 

食べたいの?

 

ってか文字読めるの???

 

謎だ・・・

 

 

まぁそれはいいいとして見た目小っちゃくて可愛いワンちゃんだったのでまたもやみんなの「可愛いものを愛でる」スイッチオン!!

 

軽率に近づくSADiY

 

よしよししようとしゃがみ込んで手を伸ばしたその時!

 

 

ワンッ!!

 

 

突然威嚇してきたワンちゃん。

 

まぁ確かにこれはSADiYミスったね。

 

正面に座って真っすぐ手を伸ばしたらそりゃあビックリするよ。

 

威嚇にびっくりしたSADiYは後ろにぴょんと飛びのいて

 

 

おぉおおぉほぉお!?ビックリしたー!!

 

 

と何故か嬉しそうにちょっとくねっていた。

 

なぜそんな仕草なのか。

 

かわいいじゃねーか(笑)

 

 

 

なんとか獣(チワワ)の強襲?をかわした我々はいい加減腹が減った事に気づき遅めの昼食をとることに。

 

しかしこの周辺本当にご飯屋さんが多い。

 

どこにいこうか暫く迷って決めたよ。

 

 

 

カレーを食うってね!!

 

 

 

決め手になったのは匂いかなー

 

軒先にいい匂いが漂ってたんだよ!!

 

という訳でさっそく店内へ。

 

 

 

14時近くにもかかわらずお店の中は結構なお客さんがいたね。

 

すぐにお店の人が近づいてくる。

 

 

 

何人!?

 

 

 

ビックリした!

 

声デカっ!!

 

本格インド料理店らしく店員さんがみなあちらの方の様だ。

 

えーと全部で5人。

 

 

席二つになるけどいい?

 

 

いちいち声がデカい(笑)

 

そんなやり取りをしてまずは着席。

 

メニューが結構豊富でカレー以外にもタンドリーチキン、チキンピラフ、シシカバブetc・・・

 

美味そうなのがいっぱいだ!

 

 

その中でも特に引かれたのだランチセット。

 

 

何種類かあるみたいだけどオレが選んだのは、2種のカレーとナン、さらにサフランライスまで付いてくる何ともお腹いっぱいになりそうな魅力的なものにしてみた。

 

2種類のカレーを選べとの事だったのでチキンカレーとチキンとほうれん草のカレーをチョイス。

 

どんだけチキン好きなんだよっていうね。

 

ほどなくして運ばれてくるランチセット。

 

 

↑ドドーン!!はいきたよー!!

 

 

・・・・・

 

・・・・・・

 

 

思ったよりかなり緑だなほうれん草・・・

 

まっ、まぁ温かいうちにいただきまーす!!

 

 

 

ナンをパクっ

 

美味い!!もっちりしっとりして甘みもあっていい感じだ!

 

 

 

チキンカレーをパクっ

 

おぉ!美味い!バターコクがしっかりあってカレーのスパイシーな感じがたまらん!チキンもよく煮込まれてて柔らかいぞ!

 

 

サフランライスをパクっ

 

ん~!やっぱ日本人は米だよ米!って言っても日本米じゃないだろうけど。

 

 

 

チキンとほうれん草のカレーをパクっ

 

ん~!・・・ぅん!?

 

もう一口パクっ

 

 

・・・

 

 

・・・・

 

 

・・・・・

 

 

嘘でしょ?

 

 

これは本当に正解なんだろうか?

 

まぁ食べ物レポとかのブログじゃないからあんま詳しく書かないけどまぁ例えるならそうだなぁ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

かな。

 

まんま。

 

いやー衝撃的だったわ。

 

 

オレカレー大好きだけど物凄く久しぶりに残してしまった。

 

一緒の席だった酪農(サポDr)に食べさせてみたら

 

 

 

おぅ・・・

 

 

 

って絶句してたからつまりはそういう事。

 

 

 

のんびりしてたら会場入りまで意外と時間がない事に気づいた我々は早々に店を出ることに。

 

お会計を済ませ外に出たところで突然!

 

 

Aセットの人!

 

 

先程の店員が慌てて出てきた。(しかし声がデカイ・・・)

 

 

Aセットを注文したのはRUZEだった。

 

RUZEを視認した店員がニヤッと笑みを浮かべながら近づいてくる。

 

なんだ?やろうってのか!?

 

RUZEに向かっておもむろに手を差し出す。

 

一同に緊張が走った次の瞬間!!

 

 

ポンっと何かを手渡した。

 

みんながRUZEの手のひらを見る。

 

 

 

 

50円玉だ。

 

 

 

 

おつり間違えた。  ヤベェ・・・

 

 

 

 

おつりかよ!!

 

 

 

 

えっ?ってかさっきの勢いとデカい声はどうした?

 

ってか今最後にヤベェって言ったよね?言ったよね!?

 

そう思っているうちに店員はスッと姿を消したのだった(お店に戻った)

 

色々とスゲー店だったなぁ・・・・

 

 

 

数々の困難?を乗り越えた一行は遂に予選会場である新宿NINE SPICESにたどり着いた。

 

 

 

 

あー外観の写真撮り忘れた・・・

 

こちらのライブハウスは地下にあるんだー

 

すいーっと入ってそのままホールへ。

 

もう既に何組か出演者の方々が来ているようだ。

 

このコンテスト、ジャンル分けがないから本当に色んなタイプ(見た目も含め)の人達がいる。

 

まず近くにいる人に挨拶をしつつホールへ。

 

そこでは我々の前のバンドのリハが行われていた。

 

そしてホール奥に座る一人の男性。

 

 

この方がエマージェンザJAPAN東京予選を統率しているTAKAさんのようだ。

 

 

これまで予選についての参加方法やその他注意事項等全て通話とメールでのやり取りだったのでお会いするのは今回が初めて。

 

メールでのやり取りですでに

 

 

「面白い人」

 

 

との認識があったオレはさらってお話しできた。

 

お忙しいようなのでサラッとだけ話してあとは後程って感じだったけどやっぱ楽しいし良い人のようだ(笑)

 

少し安心したところでオレらのリハ時間。

 

 

 

ここはいつも通り。

 

場所が変わってもスタッフさんが変わってもやる事は常に一緒。

 

如何にクールに決められたチェック項目をつぶしていくか。

 

リハほど冷静に外から見てしっかりと見て聞いていく。

 

そんなこんなでこれまたサラッとリハ終了。

 

あとは本番でかますだけだぜ!!

 

 

 

 

■謎解きは突然に

 

さてさて、今回の遠征に限らず我々が関東やらに遠征に来るときは必ず1泊して翌日に帰るようにしてるんだ。

 

理由?

 

 

飲みたいからに決まってるじゃん!!(笑)

 

 

 

冗談はさておき(←9割本気)今回のお宿は今までとちょっと違うとこを選んでみた。

 

 

普段だったら漫喫やらビジホやらカラオケやらと色んな選択肢があるんだけど今回は初のバックパッカー御用達の宿、簡単に言えば民泊ってやつをチョイスしてみた。

 

民泊分からない人は調べてみよう!

 

ものっそいザックリいえばちょっと大きい人の家を丸っと借りてみんなで泊まっちゃおう!ってやつ。

 

林間学校とかやらなかった?大きな一部屋にみんなで雑魚寝するっていうあれね?

 

 

消灯時間すぎて夜寝たと思ったら・・・

 

A「なぁ起きてるか?」

 

B「・・・いや、もう寝たよ」

 

A「起きてるじゃねーか!」

 

A・B「ハハハハッ!」

 

A「・・・最近どうよ?」

 

B「なんだよ藪から棒に?」

 

A「あいつの事どう思ってるんだよ」

 

B「・・・なんのことだ」

 

A「とぼけんなよ、オレが知らないとでも思ったのか」

 

B「お前には関係ないだろ」

 

A「関係ない事あるかよ!オレは、オレはあいつのことが・・・!!!」

 

B「お前・・・まさか・・・」

 

 

先生「誰だ!?騒いでるやつ!消灯時間とっくに過ぎてるぞ!!」

 

・・・・・

 

先生「フン!狸寝入りしやがって!大人しく寝るんだぞ!!」

 

 

・・・・・

 

 

A「で?どうなんだよあいつの事」

 

B「・・・・」

 

A「おい、聞いてんのか?」

 

B「・・・・」

 

A「チッ、狸寝入りしやがって・・・(キラッ)」

 

 

 

 

 

 

っていうアレね。

 

 

本番前の全員集まっての顔合わせまでちょっと時間があったこと。

 

宿泊先がライブハウスから比較的近かったこと。

 

結構な荷物+楽屋にあまり物が置けなかったこと。

 

などの条件が重なったので一度その宿泊先のお宅に移動しようという事に。

 

 

みんなで移動する事数分。

 

ハイ着きました。

 

確かに近い。

 

これは便利だ。

 

 

ここで補足を一つ。

 

 

今回民泊のような事をするにあたりそもそもどうやって見つけたか?ってところなんだけど、とある民泊サイト的なものから探したのね。

 

先にも言ったけど本来このサイトバックパッカーの方とか向けに特化したサイトのようで、英語表記がやたらと出てくる。

 

今回泊まる部屋のホストの方も例にもれなく外国の方の様で。

 

ただ事前にメールでのやり取りを繰り返し、入室手順やらハウスルールやらは理解したつもりだったんだよね。

 

緊急連絡先も乗ってたからまぁ大丈夫だろうと高を括ってわけ。

 

これがいけなかった。

 

 

 

あまり詳しく書けないのでかいつまんで説明するね。

 

まず肝心のルームキーの受取方法。

 

ホストの方から直接受取る所もあるようだけど、ここではとある場所に置いてあるのでそのダイアルを回して開け、その中に入っているキーを使ってくれとの事。

 

まぁもう題名にも書いちゃってるから言うけどメールボックスがダイヤル式でその中にキー入ってるからよろしくね!ってこと。

 

当然開錠の仕方も書いてあったんだけど・・・・

 

ってかね、元々は全部英語で書いてあったんだよその説明。

 

それを何かの翻訳ソフトを使って日本語に直したものをメールで送ってきてるわけ。

 

もうわかるよね?

 

結構日本語が無茶苦茶なんだよ。

 

アレかなりの日本語読解力がないと読み解けないと正直思う。

 

英語読めれば何の問題もないんだけどね。

 

 

 

はい!補足終わり!!

 

 

 

場面は戻ってメールボックス前。

 

目的の箇所を見つけ早速開錠を試みる。

 

あーして・・・

 

こーして・・・

 

こう!!

 

 

・・・・・

 

 

開かない。

 

 

あれ?

 

 

もう一回

 

 

あーして・・・

 

こーして・・・

 

こう!!

 

 

・・・・・

 

 

開かない。

 

 

 

なんでだ???

 

三度試みる

 

あーして・・・

 

こーして・・・

 

こう!!

 

 

 

・・・・・

 

 

 

開かない!!!!

 

 

どうなってんだコレ!?

 

開かないじゃないか!!

 

指定したとおりにダイヤルを回しているはずが何度やっても開かない。

 

なぜだ!?

 

とりあえずもう一度メールを確認する。

 

 

オレが見る→試す→開かない

 

SADiYが見る→試す→開かない

 

酪農が見る→試す→開かない

 

 

この間も色々な人が我々の横を通り過ぎていく。

 

大の大人が5人、メールボックスをガチャチャやっているんだからそりゃあ不審以外の何者でもない。

 

 

待て。落ち着け、落ち着くんだ。

 

 

こんな時こそ冷静になって考えろ、考えるんだ・・・・

 

 

↑考えるんだ・・・

 

 

 

そうこうしているうちに酪農が有益な情報を持ってきた。

 

 

「だんな、部屋のドアにダイヤル式のカギが付いてますぜ」←こんな言い方はしていない

 

 

なんだって!?

 

慌てて移動する我々。

 

部屋の前に着くと、なるほど確かにダイヤル式のどデカい南京錠的なものが付いている。

 

しかしこの南京錠の事はメールには書いていない。

 

 

 

・・・・

 

 

 

 

罠か?

 

 

 

 

・・・・

 

 

 

 

思考を巡らす。

 

そして気づく。

 

 

 

待てよ?

 

確か・・・・

 

 

!?

 

 

 

そうだ!緊急連絡先があるじゃないか!!

 

どうして気が付かなかったんだ!!

 

意気揚々と連絡先の電話番号に電話をかける。

 

 

 

 

プルルルル・・・

 

 

プルルルル・・・

 

 

プルルルル・・・

 

 

ガチャ

 

 

あっ!もしもし!?

 

今日○○に泊まる予定の△△と申します。

 

先日頂いたメールを元にメールボックスを開けようとしたんですが鍵が開きません。どうしたらいいですか??

 

 

・・・・・・・・・

 

 

 

返事がない。

 

 

 

あれ?電波障害かな???

 

 

もう一度呼びかける。

 

 

もしもし?もしもーし!?

 

 

・・・・

 

 

返事はない。

 

だが向うの物音は聞こえる。

 

という事は電話は繋がっているという事だ。

 

そしてオレはハッとなり再び呼びかける。

 

 

 

・・・・

 

 

ハロー?

 

 

・・・・

 

 

イェア?

 

 

 

 

応えた!!

 

 

 

 

英語だ!

 

やっぱりホストの方は英語圏の方だったのだ!!

 

しかしこれはマズイ。

 

非常にマズイ。

 

オレの英語力は産まれたての小鹿の脚力よりはるかに弱い。

 

それでも必死に単語を振り絞って話しかける。

 

 

 

 

Mailbox does not open!

 

 

 

 

渾身の一言。

 

これ以上はもう何も出ない。

 

オレの全てをかけた一撃。

 

それに対する相手の反応は・・・・

 

 

 

ガチャン!

 

 

 

ツーツーツーツー・・・・

 

 

 

 

 

切られた!!!

 

 

 

 

 

おい、ちょっと待て!!

 

今ちゃんと聞いたよな?

 

聞こえたたよな!!??

 

 

 

それを切るってのはどういうことだぁぁああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!

 

↑オレの心情

 

 

そんな事をしている間に時間は刻一刻と過ぎていく。

 

このままではまた荷物をもって会場に戻らなければならないし、何より今夜の宿がない。

 

 

まずい、こいつはまずい。

 

何度も言うがピンチの時こそ冷静に。

 

落ち着いて神経を研ぎ澄ますようにする。

 

 

 

待てよ?

 

 

 

そういえば日本語訳にする前の英語表記のハウスルールが載っているページのURLがメールに記載されていたはず。

 

 

・・・・あった。

 

 

それをポチー

 

 

英語のハウスルールが現れる。

 

あちゃーこりゃ参った。

 

全然読めな・・・・

 

 

 

あれ?

 

 

 

 

ちょっと待って。

 

 

 

よ、読める・・・

 

読めるぞこれ!!!

 

 

 

そうオレは忘れてたんだ。

 

喋るのはからっきしのオレだけど、文章は結構読める。

 

難しい単語が出てこなければそこそこ内容は理解できるんだった。

 

という事をすっかり忘れてたオレは冷静にメールボックス開錠方法について読んでみる。

 

 

 

ふむふむ。

 

 

 

あーこれはもしかして!?

 

 

 

一人メールボックスの元に戻るオレ。

 

英語で書いてある通りにダイヤルをいじる。

 

すると・・・

 

 

 

 

ガチャン!

 

 

 

 

開いた!!

 

 

 

 

謎を解き続ける事早数十分。(体感的には何時間にも感じた)

 

遂に我々は宿屋のキーを手に入れた!!

 

 

宿屋に鍵かかってるって、RPGだったら鬼の様な設定だぞコレ!

 

 

やっとの思いで部屋に入る一同。

 

 

この時点でクタクタである。

 

前日に仙台で別のバンドのLIVEを行っていたSADiYはもうかなりのおねむモード。

 

 

 

こんな状態でどうなる?Rose’n’Ciel!!

 

 

 

 

■その戦いは熾烈を極めその結末は嵐の如く

 

 

顔合わせ時間が迫った我々はいわくつきの宿を出てw再び会場に戻る事に。

 

最後のバンドのリハが終わり全員がホールに集結!(あっ正確には1バンドいなかったな)

 

全7バンド。

 

この中から次の準決勝に進めるのは”お客さんの挙手数が多かった”上位4組のみ。

 

実にシンプルなルール。

 

主催のTAKAさんが一組ずつ紹介していく。

 

1組目、2組目・・・

 

そして3組目に我々の紹介をする時に衝撃的な事実を知る。

 

 

 

TAKA「本日の出演者の中で唯一遠方東北からやってきましたRose’n’Ciel!!」

 

 

パチパチパチパチ・・・

 

 

 

 

 

なに!?

 

 

 

 

 

東北勢がオレ達だけ?

 

というか遠方から来たのがオレらだけって事は他みんな関東圏バンドか!?

 

この時ばかりは流石に一瞬ヒヤッと背中に冷たいものを感じたよね。

 

 

でも本当に一瞬。

 

 

オレもそうだけどメンバー全員逆境に滅茶苦茶燃えるタイプばっかりだから、速攻「ブチかますモード」スイッチオンんぬ!!!

 

さぁ!楽しくなってきたぞ!!!

 

我々の出番は3番目。

 

比較的早いタイミングでの出番だ。

 

でも後半よりずっといいよね。

 

集中力が持続しているうちに本番やりたいからさ。

 

 

前のバンドの出番が終わる。

 

 

ステージ後方から楽屋に繋がるタイプのライブハウスで(仙台の人にはHookっぽいっていえば伝わるはず)

、終了直後の転換時にホールをチラ見してみたらかなり盛り上がった様子。

 

 

おー!熱くていい感じだ!!

 

 

ステージのセッティングをしながらチラッとホールを見る。

 

そこには見たことがない景色・人が並んでいる。

 

ただ上手側を除いて。

 

 

 

なんとこの日仙台から遠路はるばる遠征してきてくれたローゼリアン達がいたんだ。

 

行きます!とは聞いてたけど実際目の前にいるのを見るとマジで胸が熱くなった。

 

あー音楽って素晴らしい、音楽やってて良かったなぁってこういう時思うよね。

 

実際心は熱く頭は冷静になってくのが自分で分かったもんね。

 

この子達がいなかったらこういう精神状態にはならなかったよきっと。

 

 

 

戦闘態勢は完璧。

 

さぁやろうか!!!

 

 

セトリ!!

 

———

1.Tears

2.ANNIE

3.せめてもっと

———

 

Tears(2017.3.18 Rose’n’Ciel 2nd Album「Twins in the mirror -Circle Side」ティザー公開より)

- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

 

ANNIE(2017.3.18 Rose’n’Ciel 2nd Album「Twins in the mirror -Circle Side」ティザー公開より)

- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

 

せめてもっと(live ver.)動画

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

 

 

 

曲数だけ見ると少ないよね。

 

ただこの大会時間がかなりシビアに制限されてて演奏時間もキッチリ決まってるんだ。

 

オーバーすると強制終了する場合もあるとか。

 

そういうかっこ悪い終わりは嫌だから曲を厳選して内容の濃いステージングをする事にしたんだ。

 

 

実際やってみて一番思ったのは

 

 

オレらの音楽は通用するってこと。

 

 

分かりづらいかもだけど最近よく思う。

 

 

ローゼリアン達を筆頭にファンの子、好きだって言ってくれる人達は昔に比べて確実に増えているって実感しているんだけど、新規のお客さんはオレ達をどうみるんだろうって思う事がある。

 

それこそ一昔前までは初見で気に入ってくれるかどうかは運任せ、みたいに思ってたところがどこかすら少しあったんだよね。

 

 

でも今は違う。

 

 

ステージさえ見てもらえれば必ず刺さるものを残す自信がついた。

 

 

この自信はもちろん日々の練習だったりLIVEの積み重ね、メンバーとの交流が深まり楽曲の理解度が上がったetc・・・色んな要素があるんだけど何といっても

 

 

 

「楽曲の持つ力」

 

 

 

 

が凄く大きい。

 

 

 

どうもオレは面倒くさく講釈を垂れる癖があるから端的に言うとね。

 

 

 

 

めっちゃ曲がいい

 

 

 

ってことなのよ。(笑)

 

 

 

他にもいろいろ考える事が多かったけど、もうただただ楽しかった!

 

ちょーーーーーー楽しかった!!!!

 

 

そういえばステージが終わった後にTAKAさんが色々と話してたみたいだけど、途中でやたらと聞き覚えのある声がするなぁと思ったら、ローゼリアンの子達がTAKAさんとフリートークしてるしwwww

 

演者より目立つんじゃないよ!w

 

いやーあれは笑ったわーさすがすぎるぞローゼリアン(笑)

 

 

 

そんなこんなで出番はあっという間に終わり、ここからは物販だったり無料CDの配付だったり色々やってた。

 

特に一個前のステージだったGACHA×GACHAさんと意気投合して結構色々喋ったなぁ。

 

オレ個人としては中古UFOさん、mellowさん、そしてYTCさん(笑)←後でわかる。なんかとも色んなお話しできて楽しかった。

 

 

 

↑特に仲良くなったGACHA×GACHAさんと

 

 

 

 

 

なんやかんややってるうちにあっという間に結果発表。

 

 

メンバーと共にホールに戻る。

 

さぁ運命の結果発表!!

 

 

 

 

まず第4位から。

 

 

 

得票数23票・・・

 

 

 

ottoxband

 

 

 

パチパチパチパチ

 

 

 

はい!正直に言おう。

 

どうしたって集客力で他に劣るオレ達がまずこの予選を勝ち抜くにはどうしたらいいかっていう話を事前にメンバーと話してたんだけど、その時はオレ達が呼んだお客さん+新規のお客さんに思わず手を上げさせてしまうステージングで滑り込み4組に入ろうって感じだったんだよね。

 

 

その4位がうちじゃない。

 

 

これはやっちまったかな?と少し思ったよね。

 

 

 

順位発表は続く。

 

 

 

第3位

 

 

・・・・の発表の前に一つお知らせがあります。

 

 

 

???????

 

 

 

会場中が????ってなった瞬間。

 

細かく覚えてないけど内容としては・・・

 

 

1.予選は基本的に8バンドで競い合い上位4組が準決勝進出

 

2.ただし、稀に出演キャンセルが入り8バンド揃わない事がある(実際今回も1バンドキャンセルの7バンド)

 

3.ある大会によっては5バンドで開催することもある

 

4.その場合5組中4組が勝ち抜くというのは公平性にかける為進出枠を減らすことがある(5組中3組等)

 

5.そうして余ってしまった進出枠をワイルドカードとして残し別会場でその枠を使う事がある

 

6.ワイルドカードを使うのは主催者側がもう一度見たいというバンドが出てきた時

 

 

そんなワイルドカード・・・

 

今日使っちゃいます!!

 

 

おぉおお!!!!???

 

 

こ、これは・・・

 

 

これはまさか・・・・

 

 

 

 

ワイルドカード・・・・・

 

 

得票数21票・・・

 

 

 

 

Rose’n’Ciel!!

 

 

 

 

 

キヤーーーーーーーー!!!!!

 

キターーーー!!!(あれ?)

 

 

 

 

当然オレ達も喜んだんだがそれより先にローゼリアンの子達が発表と同時に大騒ぎするもんだからなんかオレ達に拍手をもらってるのかこの子達にもらってるのか分からなくなった(笑)

 

 

 

いやしかしやった!やってやったぞ!!

 

 

どんな形であれ準決勝進出だ!!

 

 

こんな嬉しい事はないよマジで。

 

 

準決勝進出者はステージに上がってそれぞれ一言ずつ喋ってTAKAさんの一言が入るんだけど、東北から片道何時間もかけてくるバンドも凄いけど、応援するために駆けつけたファンの子達も凄い!っていうコメントもらってねーオレも誇らしかったな。

 

マジでローゼリアンはオレ達の誇りだよ。ありがとうね!!

 

 

 

その後3位、2位、1位と発表され、準決勝進出者がステージ上に集結!

 

 

↑壇上の準決勝進出者達

 

 

 

そうそう!面白かったのが第3位だった「YTC」さん。

 

今回一人だけアコースティック枠で出場した方なんだけど、まぁとにかくよく喋るというかハイパー社交的。

 

オレ達もそうだけど多分そこにいた人全員に話しかけてるんじゃないかな?

 

そんなこんなで見に来たお友達もかなりの盛り上げ好き。

 

彼が壇上に上がるや否や

 

よーすけ!よーすけ!

 

の大合唱。

 

 

あとからerieに聞いたんだけど(本人から聞かされたみたい)「YTC」は略称で本当は

 

 

「Y(よーすけ)T(The)C(Carnival)」

 

 

の略だってwwww

 

そんなの笑うわ!!!

 

 

そして最後の締めは毎回一緒らしくTAKAさんが

 

「エマージェンザー!!」

 

って言ったら全員で

 

「ジャパーーーン!!!」

 

って言うらしいんだけど、たまに変える事もあるんだって。

 

と言う訳で今回の締めは・・・

 

 

「エマージェンザー!!!」

 

「よーすけー!!!」

 

 

になりましたとさ。(笑)

 

 

 

2/17東京予選第10総合結果はこちら↓↓

出演バンド : 土, 17 2月 2018 に 東京 でのライブ
東京 でのショーケース 出演バンド: 蛔転, GACHAxGACHA, Rose'n'Ciel, OttoxBand, 中古UFO, mellow, YTC

 

 

 

色々、本当に色々あったな。

 

毎回遠征の度に新しい発見、新しい出会い、新しい想いが生まれてきて本当に幸せだなって思う。

 

 

次の準決勝は4/21渋谷eggman

 

決勝進出できるのは1位のみ。

 

 

もうオレ達はその為に動き出してるよ。

 

ワイルドカードから優勝、しかも唯一の東北勢。

 

やったらカッコいいと思わないかい?

 

 

これをやれるのは今年オレ達しかいない。

 

 

夢の続きを見るためにはどうしたってみんなの協力が必要だ。

 

 

東北魂を見せたいんだよ!

 

オレ達と一緒にドイツに行こう!!!

 

 

 

やぁあああああああってやるぜぇええええええええええ!!!!!!!!!

 

 

↑宴の痕

 

 

NINE SPICESさん!お世話になりました!今度はツアーで来たいです!

 

対バンの皆さんもありがとうございました!またお会いしましょう!

 

TAKAさんありがとうございました!首大事にしてくださいね!!次もよろしくお願いします!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はぁ・・・アンパン食べたいなw

 

 

(2018.3.1元のブログより転載)

プロフィール
このブログの管理人
char3

杜の都仙台を中心に活動中のボーカリスト
【Rose'n'Ciel】のボーカル。
ボーカルスクール【Char's Vocal Lesson】代表。
独自の観点で世の中の面白いものを紹介。
通称:しゃあさん

Rose'n'Ciel
スポンサーリンク
しゃあの日常【勝利の栄光を君に】

コメント

タイトルとURLをコピーしました